フォトフェイシャルに挑戦してみたい!

フォトフェイシャルに挑戦してみたい

最近加齢とともに、肌の様子がとても気になるようになって来ました。

 

若かったころは、多少シミができていても、
ちょっと小じわができようと、あまり気にもなりませんでしたし、
もっとどうしようもなくなったら、まとめて顔中きれいにすればいい、
などと簡単に考えていました。

 

しかし、年をとってきたら、今度は取り返しがつかないことに気づき、
真剣に肌のお手入れを始めなければと思うようになって来ました。

 

これは、きっと私だけのことではないと思います。
女性ならだれでも、ある年齢になると、自分の顔を見て、
肌の衰えを感じて、こんなはずではなかったと、愕然とする時が来るのです。

 

いまさら遅いかもしれないけれど、なんとかお手入れに励もうと、
いろいろ調べては見ましたが、化粧水に乳液、美容液と栄養クリーム等々購入すると、
かなりのお値段になってしまいます。

 

しかもそれらをずっと使い続けなければなりません。
これから、化粧品購入のために働かなければならないとは、がっがりです。
さらに面倒くさがりやの私にとっては、お風呂上りにいろいろな化粧品を顔につけるのが、おっくう
です。

 

それだったら、以前から聞いたことのある、フォトフェイシャルをやってみようかという気になりました。
フォトフェイシャルは医療行為なので、安全安心な気がします。

 

フォトフェイシャルとは、顔に特殊な光を当てるものですが、
シミやそばかすと言うと、
必ず出てくる言葉である、メラニン色素に光を当てることによって、光のエネルギーが熱に変化し
て色素にダメージを与える施術です。
このとき、正常な組織にダメージを与えることはありません。
しかもシミやそばかすのほかに、しわも減り、きめの細かい肌に生まれ変わることができるそうです。

 

これはありがたい方法です。
10万円くらいかかってしまうようですが、
5回通うだけで、しかも、施術後、すぐにお化粧ができるようなので、知り合いにもバレることがあ
りません。

 

さっそく試してみようと思いますが、注意点がいくつかあるようです。
まず、本来医師がおこなうべき行為ですが、病院によっては看護師が施術するところがあるよう
なので、きちんと医師がやってくれる病院を選びたいです。
なぜなら、光のあて具合が強すぎることによって、やけどをしてしまったり、弱すぎて効果だ出
なかったりするようです。ですから経験の多い医師にお任せすることが、
いちばん安心だと思います。

 

さっそく「フォトフェイシャル協会」に加盟している医師を調べて、若返りの施術をしていただこ
うと思います。

 

 

参考サイト:健康で美しく